2008年08月11日

ゼロに戻す。

戻す、というより戻るがこの場合、相応しいかもしれない。


人を頼る。期待はずれな結果・答えに裏切られた気持ちになるのは、依存心だ。

信頼、信用するのは1人で十分。

他の人には?何の感情もわかなくていい。ただ風のように過ぎていく関係でいい。

自分がこれまで助けた人がお返しに助けてくれたか?

素直になれと言われて、心を見せた代わりに相手が素直に心のうちを自分に見せてくれたか?

いつも何か損ばかりしている気がして。

私の思い、考えをくみ取ってほしいな。
何かあっても庇ってくれてもいいじゃないか!

「仕方がない」という言葉は嫌い。

だからゼロにした。

からっぽにした。

期待されていないと思った方が正解。
posted by まさるSUN at 22:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

自分が大変なのは分かっちゃいるけど。

        超遅番の次が早番ってキツい。


一人早番だとね、6時半に始めないと「その程度かよ」って感じになるからね←負けず嫌いの性格

いやぁ、おやつの時間に眠気が出て耐えるのが大変だった。

にもかかわらず、超遅番も一人出番だと思うと、手伝わざるを得ない。

      大変さが身に染みて分かってるもの。
posted by まさるSUN at 22:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

世間は連休か・・・。

          奇声ラッシュ。(心の中)


 今日は久々の中抜けが出来る早中番。6時半入りだよ、今日も。

昨夜、風呂に入りながら考えていたんだ。常勤と非常勤の格差について。

 意外と主婦が多かったりする職員体制。家事があるからと、とっとと帰ってしまう人もいたりするわけで、所謂「手伝い損」みたいに感じさせる人もいるんだ。

           


 ということになるけど、いっそのこと勤務体制を変えれば良いんじゃないかって思う。

 そんなに忙しいんなら、その人たちには日勤と早番だけでいいよって思う。宿直はやらせない。だからその代わりに非常勤扱い。

 (常勤の)先輩職員に「尊敬してますよ」って言われるんだけど、

「何を言っているんだよ、あんたのほうが高い給料もらっているんでしょうよ。非常勤で働いている者に言うセリフではないだろう」って別にひがみ根性になっているんではないけどね。真実味がないんだよね。



 そもそも尊敬しているんなら、その人の行動やら言動を参考にするでしょ?だけどね、あくまでも「そういう考え方もある」っていう具合で済まされちゃう(苦笑)

 昨夜、私に好意的な利用者がね、自分の担当職員に対して快く思っていないんだって告白されちゃった。
 
         正直、気が重たくなったよ。

 理由は自分に真剣に向き合ってくれていないのを感じるし、仕事に来ているならたとえ隣の棟にいたとしても、様子ぐらい(気にしてほしい)見に来てほしい・・・というものだった。


 でもすぐ撤回したよ。そんなふうに思っちゃいけないんだって本人なりに心の中を過ぎったらしい。

 私はよく「隣(の棟)へ愛想ふりまきに行ってきます」っていうんだ。帰る時に。(当直明けの時も)だって、担当している利用者の事が気になるでしょ?

 もう少し、情をもってあげないと・・・報われないよね。私たちは仕事が終われば気分転換出来るけど、入所施設の利用者には殆どといって自由がないんだから。

世間は連休、ようやく私も休みだけど、15日は港北区のグループホームの日勤の応援を頼まれている。

         いよいよ横浜復帰も間近だな。
posted by まさるSUN at 16:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

平和を心より願う日、愛を誓う日

     終戦の日、人に対する思いをより強く感じたい。

 ちょっとした事でも、そこにあるもの(物、者)に愛情を注ぎたい・・・という気持ちになる。

 今の世の中、自分さえ良ければいいという主張・主義が蔓延しているよね。

           寂しいよ、ほんとに。

 犠牲的精神をちょっとでも分け合えたら、そこにはきっと譲り合いの気持ちが芽生えてくるのに・・・。

 愛、って決して軽く使ってないよ。ちゃんと考えて使っているつまりだよ。   

           意識だよ、意識・・・。

 助け愛、譲り愛、睦み愛、許し愛・・・。(合い)だけじゃない。

 (会い)でいうなら、めぐり愛かな・・・。

 スケールが大きい話になるけど、自分の行動や言動に愛情があるか・・・、そこを常に考えていきたい。

          裏切られる事が多くても・・・。
posted by まさるSUN at 16:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

本音・私は生きていていいの?

 体調も戻りつつある。無理して頑張っていると思われる場面も多々。


 是非、答えてもらえるなら(究極な)質問をしたい。この質問をしているからって、心が病んでいるとか、乱れているとかと思わないでほしい。

 私は生まれてきて、あなたに出会って、あなたは喜んでくれているんだろうか…と考える時がしょっちゅうある。

           喜んでくれていますか?

 人から虐げられた少年時代、決して人を傷つけまい!と、これまで生きてきて、もしかしたら私が生きているという事実一つとっても、それだけで人を傷つけているんじゃないかと思うようになった。

 自分を快く感じているのか云々、思いを吐き出してくれている代わりに、自分が吐き出す場所、吐き出す事が出来なくなったんだ。

 仕事の話でも、そう。いろんな場所で培った経験をもとに実際にやってみて上手くいったとするでしょ?それがたまたまなのか、本当にスキルが上達した上での結果なのかは分からないけど、人に話したくなるじゃない?一時は「良かったね!」とは言ってくれるんだけど誰も


          「どうやってみたの?」

          って訊いてはくれない…。

 これって、凄く寂しい気持ちにならないかい?信用されてないのかなぁってね。いつも後になって話さなきゃ良かったなって後悔して落ち込むんだよ。

 人の話ってたとえ興味がなくても、話を聞いていくうちにそれが一緒に好きになっていくって事も経験済みだしね、関心を示すと話をしている相手も喜びに満ちていくのが分かるから、いい加減に聞けないんだ、私の場合。

 でも自分がそうだから、と相手に求めている自分が愚かなんだよね、きっと…。

 でもね、せめて仕事の話(だけ)は関心を示してほしいなって。

            いや、違うな。

     もう少し、私に関心を示してほしい…と思う。

        でも、どうでもいいのかなって。

 こういうことでしょ?→私に関心がない→だから仕事の話も関心がない

 という事なんだ。そうか。じゃ、私が駄目なんだ。そういう答えになるわけなんだな。頑張っても報われないっていう理由はここなんだな。

 商品のパッケージが自分の好みに合わないから、中身を確かめる事もなく、売れ残って捨てられる運命って、お菓子を連想しちゃった。

 凄く堂々としてますね・・・とか、自信が漲っていますね・・・と有難い言葉もいただく。それを覆られないように身の丈以上に頑張ろうとする。結局は崩れて…終わり。

 無理しないで・・・って言われるより、今の私は


 「普段のあなたが最高!!」っていう言葉を待っている気がします。

【収録曲一覧】

土曜日は大キライ
Holiday in Acapulco
ホライズンを追いかけて
メトロポリスの片儒で
DOWNTOWN BOY
も..

posted by まさるSUN at 21:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

緊張、とけた。

           久し振りの当直です。


腰を痛めていたので、職場が配慮して、半月近く泊まりはなかったんだけど、それがかえって緊張するのです。

職場に向かう前にガソリン給油と夜食を買いに行く。夕食時間が早いため、お腹が空いてしまうのだ。

実際までこの時間は平穏。和漢箋を飲んだおかげもあって、私自身も落ち着いている。

好きな人とのやり取りも今日は救われた。ぎこちなさは残っているけど、それは直に無くなるだろう。声を聴いただけでも幸せなんだから。

みんな、いい夢見られるように。いい眠りに就けますように。
posted by まさるSUN at 21:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

やめられません、人への思いやり

      最近、利用者が着替えを拒むシーンがあり

 尿がオムツ内に収まらない。本人も不快だから着替えたいけど眠気が勝って着替えられない。そんな時に援助者が早くその場で不快さを取り除くのが一番良いんだけど、タイミングやら、やることも多くて本人の思いに応えてあげられていないのが現状・・・。

 先日、隣の棟の早番の時に何か気になって、女性の当直者に様子を訊きに行った時に、男性利用者が全裸で布団が掛けられた状態だった。

 理由は前述の通り、不快だったから未明に脱いだんだろう。当直者が着替えを援助をしようとしたのだが、力いっぱいの抵抗、そこに私がいたのだから、それを知った以上、手伝わないわけにはいかない。

 いざ促すと足をバタバタさせ、「なるほど蹴っ飛ばされて壁に激突なんて事も有り得るな・・・」というわけで、何とか抵抗する中を着替えを完了する。

 私の当直の時は一旦見回りの際にトイレを促す。かなりの量が出た。これで取りあえずは朝まで持つかな・・・と。それでもってオムツはというと、やっぱり収まりきれないが。

 さて着替えというと、本人座り込んでしまう事もあったが、何とか出来た。

 次の当直者の事も考えていた私は、気を利かせて隣の棟の職員に応援を頼んでおいたのだが、何て事はなかった。応援を必要とせずとも、スムーズに着替えをさせてくれたというではないか・・・。

 また、余計な事を頼んでしまったのか。いつもそうだな。事がいつも反対に動いているんだ。

 だからといって思いやった事を無駄にとは考えていない。と嬉しい手紙が来た時、手を合わせたい気持ちになった。

 だって応援しようとした職員も、早めに出勤してくれたんだろうから。そうやって私のお節介は人の迷惑をかってしまうんだな(苦笑)

 だからといって、他人(ひと)は他人、私(じぶん)は自分。なんて割り切れないよ。だってそうじゃないか、人は助け合って生きていくものなんだから・・・。

 「これが俺なんだよ。これが俺の生き方なんだよ」(ドラマ・俺たちの祭)の中の台詞

 そうなんだよ、人への思いやりをやめろ!なんて言われたくないし、やめられないんだよ。

        そうやって生かされてきたんだから。

 今日は休み。気持ちも良いんで、かえって家でノンビリ出来た。でも、有難いよね。思いやった事を相手が分かってくれる時なんてさ、特別に何かしなきゃなんて、都会に逃げ込まなくて済むんだからさ。

 と言いつつ明日は横浜の施設へ1年振りに援助に入る事になった。まずは今月は1回、来月は2回・・・と慣らし運転。



posted by まさるSUN at 18:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

ここで知る、情熱再生

          今日は横浜の施設へ。


重症心身障害者施設。いかに、ここの職員が大変な思いをして働いているかが改めて感じる事が出来た、と同時に今の職場が自分にとって、まんざらでもないなと思った一日となった。

人と関わる仕事はいずれにしても大変。そんな中、いかに自分が我儘だったか。それでも私はその場を良くしたいと感じればこそ、熱くなってしまうのだが(苦笑)

仲間からもナンダカンダあるけど、そらさんが言ってくれているように頼りにしてもらっているのだなともね。横浜の施設の仲間からも信頼はされているとは思うけどね(汗)
まずは自分は、どうあるべきか?この仕事で一番心掛ける事とは何か?

それを(再び、三度)深く考えていく意味では良い日だった。それでこそ、明日も明るい気持ちで仕事が出来るというものだな。

とても大事に思ってくれている人のおかげもあって・・・。
posted by まさるSUN at 20:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

輝いていただろうか。

    早中番。一時間早く出勤し、草刈作業に参加。(中抜けはなし)


疲れたー。だけど何だか幸せな気持ちだ。

何で一時間早く出るかというと、先輩たちに比べて仕事が出来ないから。せめてやるだけの事はやって、先輩を迎えたい。でなきゃ、存在感ないもの。

もちろん、相手を選ばずに平等に早出をして、サービス残業もやっておりますよ。

そこまでやらないと申し訳ないから。出来れば技で見返したいけどね、当分無理だ(苦笑)

でもね、相手が「あの人だとやりやすい」とは言ってくれるけど、良いふうに解釈して良いよね?
posted by まさるSUN at 21:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

笑顔を再び・・・の、練習。

         表情が険しい、かたいので。


両手でゴシゴシとマッサージしてから、鏡を見て笑顔の練習をしなくてはいけないかな。

笑顔がいい、と言ってくれる人のために、たくさん見せてあげたいからね。

人の幸せを羨むことなく共に喜び合えた素直な優しさに帰るためでもある。

     私の「人生のドラマ」が感動の物語であるために。

      あなたの笑顔もキッカケになると思うよ。
posted by まさるSUN at 21:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

これからが、私のたたかい。

信念をまげて、危うく後悔する人生を歩み始めるところだったじゃないか!


これまで幾度となく訪れる苦難に憶する事なく頑張って生きてきた。

それが、いつしか人目を気にし過ぎてしまい思うように一日を過ごす事が出来なくなった。

人と比べてしまう自分がいたら手元を見よう。悩みがあるのなら勇気を出して足下を見ようと思う。

自分の感情に逆らいながら前を向いたから眉間にしわが寄るのだと気がついた。

私は悪くはない。ただ人よりも哀しみの数を見てしまうだけだ。

どうせ見るなら君の笑顔だけを見ようと思う。何かに引っ掛かる思いがあるなら、素直に訊いてみようと思う。


      「私の愛より、あの人の愛が強いのですか?」と。


逆境に強いはずだ。


疲れたら、空を見て「ときどき雲と話」をしよう。

そして私の強さが「永遠」に続くように。


          堂々としている私はどうですか?

          たたかいに決して負けないように。
posted by まさるSUN at 15:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

維新伝心

       1868年9月8日明治改元から140周年。

 この頃の時代を少し覗いてみたい気がするけど、殺伐としているんだろうな…。

 何かと今年がメモリアル・イヤーと位置づける企業・商品が多いと思いませんか?

       
        そうか、自分も変わらなきゃ!かな?

 変わらないでほしいもの?良い時の自分。そうだな…人を思いやろうとする気持ちとか、感謝とか、謙虚な部分とかだね。

 それと、素直に謝られたら許す寛大なところもね・・・(照)

そう、一番大事なのが、言わなくても伝わる理解者(とも)との「以心伝心」だよな・・・。
posted by まさるSUN at 15:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

失う命、失う絆

        愛犬が亡くなって今日で丸10年。


その頃の私は総合建設会社の管理本部に所属していて、仮設材のリース・整備を主にしていた。月末近くになると、事務仕事つまりデスクワークに没頭していた。

とても気難しい上司だったけど、本当によく可愛がってもらったな。

帰宅すると、まだ誰も帰ってきてなく「寂しかったよ〜」と言いたそうに飛び跳ねて迎えてくれた。

「よしよし、にいにいが散歩に連れてってあげるからな。それまで、おやつでも食べてな」

外で「ウゲーッ」と聞き慣れない声がした。

もがき苦しんでいる。

「おい、どうした!どうしたんだよ!」と抱きながら、あたふたしているうちに息をしなくなってしまった。

それが、悪夢を見てるようだった、まるで。

泣きながら父親の会社に電話した記憶が今でも蘇る。私がおやつを与えたばかりに、きっと喉につまらせたんだよ。

愛犬の死は自分の責任だったんだ。寿命とは言ったって、まだ数年は生きられた程に元気だったんだもの。

あれ以来だな、自分を責める方法を身につけてしまったのは。

今も大事な、大切な人を失おうとしている。いや、失っちゃったのかな。
posted by まさるSUN at 14:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく食べなさい。

       本日の貴重な一食である夕食を終えて・・・。


思わず手を合わせてしまった。食べられた事への感謝が素直に出た行動だった。

はっきり言って食べなくても済む。でも夜ぐらいは食べないとね、ホントに50キロ割ってしまうから。そうなると、ちょっと危ないよって友人に言われてるし。

職場に戻ったら、ゲッソリ痩せたのを見てビックリしてしまうからなぁ。

       「お願いだから、ちゃんと食べて・寝て」

と言われてもさ、気持ちに焦りやら何やらで、食欲がわかないんだよ。

幸福ならば何を食べても美味しいよね。反対に、やればやるだけ悪い方に傾いている現在(いま)は何を食べても味わえない。

それでも食べなくちゃいけない。何だろ?この重たい雰囲気。

とにかく食べられて良かったよ。働いてないんだもの、鬱にならないようにしなきゃ。
posted by まさるSUN at 18:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は皆を照らす人。

太陽よ、雲に隠れないでおくれ・・・。


人をより輝かす人であれ。


そう願って名付けてもらって、どうだろう?


輝かすどころか、曇らせている。いけないな。

明るく、皆を照らさなきゃ。しかも平等に。

前向きに・・・ではなく、ひたむきに生きよう。

誰も恨んだり憎んだりする事なく、全てを笑いに変えていく生き方。

それが私、まさるSUN。
posted by まさるSUN at 21:55| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

映画「ハンコック」を観に行く。

まず、ハンコックと聞くとジャズ・ミュージシャンの「ハービー・ハンコック」を連想する。


今日は昨夜の最後のblogが影響したのか、楽しく過ごさせてもらった。
仕事を入れてくれたウッチャン(仮名)有難う!!

さすがウィル・スミス、シャーリーズ・セロンが主演とあって、平日にもかかわらず「と言ってもサービスデーだけど」客が多かった。

内容ですか・・・良かったです。冒頭の、何と言ってもあの破壊っぷりだもの「嫌われ者のスーパーヒーロー」と言われても仕方がないよね(笑)

そしてあの(だらしない)飛び方!夢でみた自分の飛び方が、あんなふうだったな、と。
スーパーマンとかウルトラマンとか両手伸ばしてピーン!とした姿勢で飛んでるなんて「よく疲れないな」って思ってたもん。

これから観ようとしている人がいたら悪いので、あまり深くは言えないけれど


          「こうした愛のかたちがあるんだな」


と。


自分の身体を犠牲にして、かつて愛した人を蘇生させようとする。


これが究極の愛なんだなぁ・・・とね。


また映画から、ひとつ学びました。


どうですか?これですよ!皆が読んで楽しく思えたblogって。そうでしょ?

復活したんだなぁ。
posted by まさるSUN at 19:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

完全復活、そしてドラマー・マサル・サヌー誕生。

            皆さんに嬉しい報告です。


3食きちんと食べられました!!(泣)


いつが最後か分からない程、口にする量が減っていった。


やっぱり食べないと世の中happyに見られないし、マイナス思考になる一方だった。

昼は気持ち悪かったけど、これを食べて軌道修正だ!と頑張った。

ららぽーと横浜にある楽器店のスタジオに約半年以上ぶりに入って一時間叩く。

その前にお茶屋さんで宇治のお抹茶で精神統一・・・。気持ちは禅を組んで(笑)

そして夜、ツインドラム。

ミッキー吉野氏に、カップスメンバーに迎え入れてくれたら・・・


           名前は、なーに?と訊いたら


            マサル・サヌーかな???


との返答が。


肝心のツインドラムだが


笑みがこぼれた。


うーん、いいねぇ。


「まさるさんのドラム、聴いてみたい」


いいですよ。そのために腕を磨きますよ。ドラムも、人としても。


なんたって、人間のプロを目指してますから。


どうか、上昇気流にのせたままにしておいてね。

            まさるさん、完全復活!!

               よっし!
posted by まさるSUN at 20:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

四半世紀。

9月15日
taikai.JPG

          こちらに来てから今日で丸25年。


それこそ今日でリセットして、やり直そうと決めた途端に、どうもあの人(達)は足をひっぱるな・・・。

今日は籍を残している横浜の法人の仕事。移動介護(8時半〜20時半)

横浜の利用者宅で待ち合わせ、平塚まで行く。

平塚総合体育館で電動車椅子サッカー神奈川県大会の試合に出場するウッチャン。特に試合には私の介助を必要としてくれている。
有り難い。

今の私はあそこでは異常者扱いされているが、君やここの人達は温かく迎えてくれるから嬉しいよ。

控え室では、私のトークで笑いの空間を作る事が出来たし、子供たちのチームの控え室でも楽しい空間を作れて、本来のまさるさんモードに近い。


           頭、思い切っていきましたね。


大体が刈った頭に視線が集中。帽子を被っていたので、中身が知りたいって(苦笑)

楽しく過ごすのはもちろん。だけど「こんな時に貴方が必要だ」と言われて頑張る私がいる事は幸せな事です。
posted by まさるSUN at 13:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

私の美学

「優しさを失わないでくれ。たとえ何百回裏切られようとも、信じる心を失わないでくれ。」


あるヒーロー番組の最終回に名言として残っている。

そういえば、人から裏切られようとも、何度もそこから立ち上がり、今日(こんにち)まで生きてきた。

時には血尿まで確認された程、追い込まれた精神状態。それを試練とみるか、逃れられない運命と決めるか、いずれにせよ、並外れた強さがあったと思いたい。

            許す。でも忘れない。

これが私の生き方だ。許す気持ちがなければ、美しい生き方と言えないから。

美学というものがあるでしょ?人それぞれの美学がある。私は人間観察の中で、悪いところをみるのではなく「いかにその人を尊重するか」そこをみている。中途半端な人がいるとして、その人自身が何かを変えよう、としているのをみて「この人、頑張ってるな・・・」と窺い知る事が出来た時、応援する。「口先ばかりではない事を条件に」だ。

とかく保身ばかりを考える輩が多い。自分がどう思われようと相手の事を真剣に思っての行動であれば、鬼にでも、悪にでもなる。

      それが私の美学だよ。「滅ぶなら、ぶざまに」
posted by まさるSUN at 10:54| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を観る。

ULUTRA.JPG


     「絶望でも人の心から光を消し去る事は出来ない」


     出来る事なら、私も君のウルトラマンになりたい。


 そう思ってしまった。

横浜開港150周年記念作品という事で、横浜色満載。しかも脚本(ほん)の練り具合も良かった。

 テーマは「覚醒」ということだった。私もいろいろあったけど、諦めてはいけない夢があります。その夢に向かって臆することなく


            変身!!(苦笑)

 その事を教えてくれた映画だった。
posted by まさるSUN at 22:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。