2006年12月24日

原宿・ジョー山中ライブ

joe.JPG
              ジョー山中、60歳。
       こんなダイナミックでエレガントな60歳見た事ない。

開演時間、まだリハーサル中。店に入っても良いようだったが

ここはジョーさんが真剣勝負をする場、格闘技であれば直前の控え室に行く様なものである。

             当然、遠慮すべきだ。

リハが終わり、席は予約を入れていなかった(一人で行くつもりはなかった)ので、多少条件は悪いものの、なるべく音の良い席を選ぶ。

ジョーさんとがっちり握手、6日(この日、御子息第2子誕生)に発売されたDVDにサインをもらった。

その後でジョーさんから「俺、DVD忘れちゃったから貸してくれる?」というので(店で流すために)貸した。
しばらくすると顔見知りのお客さんにも声をかけられて、一応寂しい思いはせずにすんだ?かな。

さて、ステージだが今回はキーボードの竹越かずゆきくんがゴダイゴに合流のために不参加、ドラムの樋口晶之さんも不参加だった。

レゲエをメインに今回は普段耳に出来ない曲もやってくれた。

一回目のラストは「きよしこの夜」ジョーさんが歌うとバラードになるんだな。

2回目はというと、客席にジョーさんと海外ボランティアにも同行した民謡歌手(尺八奏者)がジョーさんに演奏する機会をもらった場面も。

そしてラストのスタンド・バイ・ミーでは客もステージに上がって踊り出す、くらいの大盛り上がり。

             さすがのジョーさんも

         「クリスマスだし、まっ、いいか」

               と苦笑い。

            でも、楽しい夜だった。

          ホントは好きな人と観たかったな。
posted by まさるSUN at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30213211
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ジョー山中さん 残念なクリスマスライブ
Excerpt: 素晴らしいステージ…になるはずが、心無いゲストや動かないスタッフのせいで台なし、というお話です。 WE WILL ROCK YOUの最終公演を観たあと、渋谷のライブハウスクロコダイルへ。 ちょ..
Weblog: ツァーリング・バス(飛び出そうぜこの街を明日の朝早く)
Tracked: 2006-12-31 06:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。